投資は複利を制することから始まる

投資を行う場合には、環境設定をしっかり行っておくことが重要です。何も知らずに投資を行ったとしても、大きなロスを背負ってしまうことがあります。できるだけ無駄を省いてお得な環境を呼び込むことによって、限られた資産を最大限に大きくする努力を行うべきではないでしょうか。

投資で成功するには口座の設定を考えるべきです。基本事項を辿ってみると、単利か複利かによって、資産拡大に大きな影響を与えることを知っておくと、選定にも迷うことなく決断できます。複利の大きなメリットは利息の加わり方にあります。

単利の場合には当初の元本に対してのみ付帯されます。つまり、初めに100万円を預けている状態であれば、それに対してのみ利息が適応になります。しかし、複利の場合には、当初の元本に利息が加わった額を翌年の元本として考えるため、年々元本が大きくなった状態で利息が計算されることになります。

長期的な視点で考えると、単利よりも複利での運用の方がはるかに長けているのがわかるはずです。資産拡大効率の違いを学ぶことによって、投資に対する魅力が一層深まります。小さな知識であっても、運用には大きな影響を与える利息の付帯。だからこそ、投資を始める前に知っておく必要があるのです。

お金の管理をしっかりと

消費社会に生まれた私たちにとっては、日々消費をしなくてはいられません。なぜなら、私たちが消費をしてお金の流れを滞らせないことで、お金に価値を持たせるのです。

お金の価値をつけるのは、需要と供給のバランスです。このバランスが取れていないと財政破綻に陥る危険性もあるのです。また、ただの紙切れであるお金に価値をつけている最大の魔法は「信頼」です。ですから、お金は信頼できる人が大好きで、まじめで一生懸命に働く人にどんどんよってくるという法則もあるのです。

個人単位でいうと、収支のバランスが取れている人は信用ができますよね。このバランスをとるのは意外と難しく、その原因となるのが「消費社会」なのです。収入は、給与をはじめ積立投資といった投資などがほとんどかと思いますが、支出のバランスはどうでしょう。ほとんどが、生活費が占めていますよね。そして、趣味や旅行代といったプライベートを充実させることにお金は使われます。

生活費といった、生きるために必要なのが「ニーズ」といい、生活を楽しくするための支出を「ウォンツ」といいます。ニーズとウォンツの優先順位がごちゃごちゃになることで、収支のバランスが崩れてしまうのです。

急に給与が大幅アップということはほとんどないと思います「収入」を増やすため、収支のバランスをとるためにも積立投資をはじめてみませんか?

低リスクで安定した年金づくり

将来、公的年金支給額が減ってしまうようになる日本では、老後の生活において満足した資金づくりができなくなっているといわれています。また、少子高齢化がさらに進むようになると、年金の支給年齢が上がるようになるため、老後の生活においては、ゆとりが持てなくなるとされています。

今まで、資金づくりとしては銀行預金が行われてきましたが、低金利の状態が長く続いている日本では、満足した資産づくりはできないといわれています。最近は、老後の生活にゆとりを与える方法として、投資への関心が高まるようになっています。

投資では、短い期間でも大きな資産がつくれるようになるため、将来において不安となっている年金不足を補ってくれるようになります。投資でも比較的に安定した資金がつくれる積立投資は、毎月コツコツと投資が行なう方法として人気があります。この方法では、無理のない方法によって資金づくりができるようになります。そのことから、積立投資は、生活にゆとりを与える年金づくりとして注目されるようになっているのです。

低リスクで安定した資金づくりができる方法として、今後は、老後の生活資金づくりに活用されることが期待されるようになっています。

資産形成のノウハウを提供している企業が特集されています。
富裕層向けビジネスを手掛けるベンチャーをご紹介!
経営者の声をお届けしています。

資産運用する前にお金を振り分ける

資産運用をする前に手持ちの資産を振り分けるところからはじめましょう。
分け方はどのタイミングで使うものかというものを基準にし、すぐに使う可能性のあるお金を預貯金に回し、安全な資産としてキープします。そして、しばらく使う予定の無いお金を「資産運用資金」に回すことです。

すぐにでも使う可能性のあるお金は換金性があり、安全性が高いところに投資することです。たとえば銀行や郵便局の口座だったり、海外の預金口座でも良いでしょう。海外の口座は1998年から口座を開設してお金を預けることが国内でも認められるようになったので、日本よりも金利の高い国の通貨と交換してストックしていくのも良いでしょう。中には高度経済成長期と同等、あるいはそれ以上の高い金利が期待できます。

結婚資金やマイホーム購入資金など数年後に使う予定があるお金は元本確保型の安全性の高い投資をすると良いです。たとえば定期預金や個人向け国債などが良いです。

そして、しばらく使う予定の無いお金に関しては高い収益が期待できる商品に投資をすることをおすすめします。株式投資や投資信託などがあります。投資信託は銀行や郵便局でも購入でき、かつ少額からの投資もできますのではじめやすいです。

以下のコラムも参考にどうぞ
「財産を効果的に活かしたいのなら」

リスクとリターンのバランスを考えよう

公的年金制度が不安定な状態である今の日本において、老後の生活費をどのように準備しておくか、というのは今の現役世代の大きな課題になります。危機感が強い方こそが資産運用をしてやがて訪れる老後の生活に備えています。
資産運用と言っても、様々な運用方法があります。どのように資産を育てていくのかは年齢やリタイア時にどのくらいのお金が必要なのかによっても異なりますが、どの金融商品を選ぶにせよ、リスクとリターンがどのようなものなのかは把握しておく方が良いでしょう。

たとえばもっとも一般的な資産運用として銀行や郵便局の普通預金があります。普通預金は元金が確保されているものですので、インフレが発生して資産価値そのものが目減りする以外は想定できるリスクはほとんどありません。いわゆるもっとも安全な資産運用なのですが、その反面、現在の日本は超低金利です。100万円預けても年間に数十円ほどしか金利がつかないので、リターンは無いに等しいほどなのです。元金を減らしたくないのならまだしも、元金を元に資産を増やすのであれば、目的とは異なります。

そのために、もう少し利回りの高い金融商品を選ばなくてはなりませんが、利回りが高くなるほどにリスクもついてきますので、バランスを考えながら選ぶようにしましょう。

投資信託のリスクと安全性について

投資信託をしていく時に、リスクと安全性に大きな興味を持っていくことはとても大切なことです。
この安全性という面で見て行く時に、注意しておきたいのが、元金保証と、会社が倒産した時の、資金がどうなるかということです。これを一緒のものとして考えてしまうと、大きく勘違いをしてしまうことがあるため注意が必要です。

また投資信託の上での元金保証ですが、投資信託の場合元金保証というのはないものだと考えておく必要があります。
しかし、会社が倒産した時などの場合は、資金はしっかりと保護されるので、この面では安全であると言えるでしょう。

投資をする人によって投資されたお金というのは、しっかりと適切に管理され、守られるという決まりになってします。そのため万が一投資信託に関わる会社が破産してしまったり、倒産してしまったとしても、それほど大きな損失にはならないと考えることができます。

元金保証と、破産、倒産の場合の資金の扱いについて一緒に考えてしまうと、お金が戻ってくるのか、そうでないのかが曖昧になり、非常にリスクが高くなってしまいます。ここはしっかりと分けて、考えていくべきであり、一緒になってしまっている人は大きな注意が必要です。

インフレのリスクヘッジとしての海外投資

最近、海外投資というものが盛んに行われています。投資先ならば日本国内ではいけないのか?と考える人も多いかもしれません。では何故、多くの投資家が日本国内だけではなく、海外投資を選んでいるのでしょうか?その理由の一つとして、日本国内で起こると見られているインフレの影響を避けるためだと言われています。

では、そもそも何故日本国内でインフレが起こるとされているのでしょうか?その原因には大きく4つが考えられます。まず一つに、全世界的に行われている金融緩和政策です。これによってお金の流動性が高まっているため、過剰流動状態となっています。これはインフレのリスクを高める理由の一つです。

さらに、政府がインフレ状態を求めていることも挙げられます。インフレ状態となると当然課税額も大きくなり、債務を抱えている政府にとっては好都合であるためです。さらに、円安が加速していく可能性や、日銀による国債の引受などが検討されていることなども、インフレを起こすリスクだと言われています。

こういった事情から、日本国内に資産をおいておくとインフレに巻き込まれ、相対的にその価値が下がってしまう可能性があります。海外投資にすることで、リスクへッジを行っているのです。

資産形成のビジョンはしっかり持とう

計画的に貯蓄を行なうことを資産形成といいます。資産形成を組み立てる時は、自分の預貯金をグラフにしますと分かりやすいです。資産形成が順調に進んでいるのならば、毎月ごとに預貯金の合計額は上がっていくのですが、出資の量が多くなってきますと横ばい状態で停滞してしまいます。貯金を組み立てるのであれば、資産形成を意識して、確実に毎月の入出資のバランスを保つ必要があるのです。

資産形成なのですが老後定年退職を迎えますと、今まで貯まってきた貯蓄額が、嘘の様に減少してしまうとのお話です。それは今までどんなに資産形成を意識して、計画的に貯蓄を行なってきたという人でも逃れられません。定年による収入の減少とは、資産形成という考え方を脅かす恐ろしいものなのです。定年後も資産形成をしたいのであれば、若いうちから入念に計画を立てる必要があるのです。

資産形成のポイントは、支出を減らす事よりも収入を増やす方が楽だという点に注目してみましょう。老後の収入といえば、国民年金ですが、少子高齢化が進んでいる現状、支給額の増加は望めません。そこで個人年金の加入などの工夫をし、老後でも安定した収益を出すという事が資産形成をどんな年齢でも継続できるポイントなのです。