低リスクで安定した年金づくり

将来、公的年金支給額が減ってしまうようになる日本では、老後の生活において満足した資金づくりができなくなっているといわれています。また、少子高齢化がさらに進むようになると、年金の支給年齢が上がるようになるため、老後の生活においては、ゆとりが持てなくなるとされています。

今まで、資金づくりとしては銀行預金が行われてきましたが、低金利の状態が長く続いている日本では、満足した資産づくりはできないといわれています。最近は、老後の生活にゆとりを与える方法として、投資への関心が高まるようになっています。

投資では、短い期間でも大きな資産がつくれるようになるため、将来において不安となっている年金不足を補ってくれるようになります。投資でも比較的に安定した資金がつくれる積立投資は、毎月コツコツと投資が行なう方法として人気があります。この方法では、無理のない方法によって資金づくりができるようになります。そのことから、積立投資は、生活にゆとりを与える年金づくりとして注目されるようになっているのです。

低リスクで安定した資金づくりができる方法として、今後は、老後の生活資金づくりに活用されることが期待されるようになっています。

オンライン金融の業界で注目を集めるベンチャー経営者をご紹介します、
アブラハムグループ 高岡壮一郎社長
経営者の声をお届けする"ventry"のコンテンツです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>