海外投資・オフショア投資について

海外投資は一般的に海外の金融商品に対して投資をすることを言います。海外の中でも投資に対する運用益に対して課税されない、あるいは税率が極端に低い地域で販売される投資商品に対して投資することをオフショア投資と呼んでいます。
一昔前は日本人は自由に海外に財産を持つことや、日本円を外貨に替えて保有したり、預金することができませんでした。しかし、1998年に外為法が改正されたことで合法的に海外投資が自由に行えるようになりました。これによって、日本人の投資家も海外投資に目を向けるようになりました。

実はアメリカのようにかつての日本と同じく自由に海外投資が認められていない国も未だありますが、日本は国に許可を得ることなく、海外投資が行えます。また、オフショア投資も広く認知されつつあり、世界的に知名度の高い香港もオフショア地域にあたります。日本と香港はわずか4時間ほどでいくことができますので、日本人にとってもオフショア投資を行う上でも恵まれた環境にあると言えます。

特にオフショア投資の中でもファンドが人気を集めています。日本でも投資信託が人気ですが、オフショアファンドは日本では取り扱えない商品への投資も認められていて、幅広い投資が可能です。