インデックス投資は他の投資に比べて一味違います

昔から投資というのは投資者に利益を与えるものではなく、投資信託や証券会社など、投資を斡旋する側を儲けさせるものだと揶揄されてきました。確かにこれは間違いとは言い切れない部分があります。

投資の売買益など、投資信託や証券会社からすればいくらでも良いのです。顧客が損をしても得をしても自分たちにとってはいわば「無関係」なのです。むしろ取引を繰り返し、取引手数料を多く取る事が利益になるのですから、顧客の売買益よりも、多く取引するようアドバイスする証券マンが多かったとされています。ですがインデックス投資だけは違うとされています。

そもそもそのような風潮に嫌気をさした人間が「顧客のための投資」という事で生み出されたのがインデックス投資とも言われているのです。インデックス投資は特定の銘柄に投資するのではなく、「指標」に投資するものですので、初心者でも分かりやすいと言われていますし、なにより指標への投資になりますので特定銘柄のように株価が乱高下するような事もそうそうありません。

ですので、投資そのものを安心して行う事が出来るとされているのです。その点がインデックス投資が他の投資とは違うと言われている由縁なのです。

ただし、インデックス投資にも当然リスクがあり、元本を割ってしまう可能性はあります。リーマンショックのような相場が全面安となるような局面には弱いのが難点と言えるでしょう。そのため、最悪の場合でも元本が確保されるように設計された運用スキームも最近では多く耳にするようになりつつあります。遂には元本確保型の提案を専門に行うアブラハム・ウェルスマネジメント株式会社のようなコンサルティング会社も登場するようになってきました。より安心して資産を着実に殖やしたいというニーズをお持ちの方は是非ご確認ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>